オフィスの最適化!自動販売機の設置やオフィスコーヒーをフル活用

ウーマン

ビジネスを成功させる

缶

多くの法人が導入している自販機ビジネスは、基本的に設置するだけでドリンクの売上が入る仕組みになっています。ですから、設置する場所の通行量や利用者が多い分だけ利益アップが見込めることでしょう。ただ、自販機ビジネスで成功するには、単に設置するだけでは意味がありません。どのようにビジネスを進めていくかがカギであり、導入する前段階の選定が必要です。
特に気をつけておきたいのが運営方法。自販機ビジネスは主に2通りの運営方法があり、それがフルオペレーションとセミオペレーションです。前者のフルオペレーションは、ドリンクメーカーが商品の補充や空き缶の回収、販売機のメンテナンスをしてくれるものでラクに運営できるのが特徴です。それに対してセミオペレーションは、すべて自分で行なう方法となっていることからオーナー感覚で運営できるものです。どのようにビジネスを進めていくかもそうですが、「手間がかけない分だけ経費をかけるか」、「手間がかかる分だけ経費を抑えるか」の両方を比較した上で検討することが大切です。

自販機ビジネスで成功するには、いかに売れるところに設置するかどうかで決まります。いくら空きスペースがったとしても、ドリンクが売れないところにあっても、なんの意味もありませんし経費だけがかさみます。そうしたことにならないようにするために、予め設置する場所をリサーチした上で最適な場所を選定しておくと良いでしょう。例えば、通行量の多い道路脇やオフィスの休憩スペース、アパートやマンション前などは人が行き交います。販売機会が多いことにより、ビジネスとして成功するチャンスがあるので調べておくことが大切です。